目の下は皮脂分泌も少なく、皮膚自体もとても薄い場所です。ちょっとした血行不良でも血液が透けてクマになってしまったりするのも、目の下の皮膚がうすいから。そんな目の下は、ちょっとした事が原因で簡単に乾燥してしまったり、たるんでしまう事もあるので気をつけなければいけません。

 

目の下がたるんでしまう原因には色々ありますが、加齢によって表情筋が低下してしまうことや、紫外線などが原因で肌細胞がからからに乾燥してしまう事も、たるみの原因になってしまいます。目の下は普段のスキンケアで保湿ケアをしていると思いますし、日焼け止めなども塗り忘れない場所。それでも乾燥しやすいのは、やはり目の下の皮膚が薄くてダメージを受けやすいからなのです。

 

目の下は一度たるんでしまうとなかなか改善するのが難しいので、できればたるみが始まる前にたるまないような予防策を講じる方法が理想的です。普段のスキンケアでは、とにかく保湿を心がけて、目の下が乾燥しないように気をつけましょう。紫外線などを浴びるとあっという間に乾燥してしまう目の下の皮膚は、外出する時にはUV効果のあるサングラスをかけて皮膚を保護してあげる事も必要ですね。

 

アイクリームをスキンケアの中に取り入れるのも、目の下のたるみを予防したり症状を改善する効果があります。アイクリームには保湿成分だけでなく、肌細胞に弾力を与えてくれる成分などもたっぷりと配合されているので、乾燥してシワシワになりやすい目の下の肌細胞の一つ一つをフックラと弾力的にしてくれる役割をしています。アイクリームは上瞼だけでなく下瞼にもたっぷり塗って、目の下が乾燥や加齢によってたるんでしまわないようにケアしてあげましょう。

 

目の下のたるみを予防するには、目の下の表情筋を鍛えてあげるマッサージもオススメです。ただし、目の下のマッサージと言っても肌を強く押したりゴシゴシ擦ったりするマッサージは厳禁。目の下はとてもデリケートなので、指の腹で軽く押さえる程度で十分なマッサージ効果を得る事ができます。