目の周辺はもともと皮膚がうすく、肌細胞が少し弾力をなくすだけでも肌がたる見やすくなってしまいます。目の上がたるんでくると瞼が目に覆いかぶさってきて目つきが悪い印象を与えてしまいますし、目の下がたるむとブルドッグのように皮膚が垂れ下がってしまうので、見た目がぐんと拭けた印象になってしまいます。

 

目の周辺の皮膚のたるみを解消する方法には、目の周辺の筋肉を鍛えて皮膚を土台から持ち上げてあげる方法と、スキンケアなどで肌細胞に弾力を与える事によってたるみやすい肌細胞をピンと張ってあげる方法などがあります。顔のたるみを解消する方法の一つにマッサージをして表情筋を刺激する方法などもありますが、目の周辺の皮膚とはとても薄くてデリケートなので、強烈なマッサージなどはかえって肌にダメージを与えてたるみが大きくなってしまう事もあるので、あまりオススメではありません。特に目の下は、もともとたるみやすいだけでなく、間違ったマッサージ法で皮膚が更に伸ばされてしまうと、たるみが悪化してさらに老けた印象になってしまいます。そうならないように、マッサージをするなら正しい方法で行うようにしましょう。

 

目の下のたるみをマッサージによって解消する方法をご紹介しましょう。リンパマッサージや小顔マッサージのような強烈なマッサージは、目の下のマッサージには厳禁です。目の下のマッサージは、指の平を使ってやさしく押さえる程度でも十分に刺激を与える事ができます。ゴシゴシするのは厳禁です。

 

目の下のたるみがとても気になって、どうしてもマッサージしたいという人もいるかもしれませんよね。目の下をマッサージすることによってたるみが解消する可能性は極めて低いので、たるみを解消するほかの方法を探した方が、たるみを改善できる可能性は高いようです。例えば、アイクリームを使って目の周辺の肌細胞の一つ一つをフックラさせてあげたり、どうしてもたるみがひどくて気になる場合には、美容外科手術によってたるみをすっきりと切除してしまう方法もオススメです。