顔全体がなんとなくたるんでいると、加齢とは分かっていてもやっぱりイヤですよね。顔のたるみをとる方法はいくつもあるので、毎日の生活の中に上手に取り入れながらたるみや早期治療するようにしましょう。

 

・リンパの流れを促進する
顔の両サイドを通っているリンパ腺は、顔の老廃物や毒素、脂肪などを体外に排出する役割をしています。このリンパ腺が詰まってしまうと顔がむくんで皮膚が伸ばされ、それがたるみの原因にもなってしまいます。リンパ腺の流れを活性化するマッサージなどを行って、顔のたるみを原因から取り除く工夫をすると良いでしょう。

 

・ウォーキング
顔のたるみとウォーキングは全く関係ないような気もしますが、実はウォーキングをする事によって全身の代謝が高まるので、表情筋の筋力もアップしてたるみを解消する事も可能です。ウォーキングをする時には特に顔を意識する必要はありませんが、誰も見ていないところで「あえいおう」と顔全体の筋肉を使いながらゆっくりと発声すれば、表情筋を直接鍛える事ができるので一石二鳥ですね。

 

・金の糸
美容整形術の一つでもある金の糸は、たるみやシワなどが気になる部分に純金の糸をいれることによって、コラーゲンやエラスチンの生成を活性化する事によって弾力のある肌細胞を作り出したり、糸を入れる事によって自然なリフトアップ効果なども期待する事が出来る施術の一つです。肌の中に入れた糸は少しずつ熔けていくので、たるみのない肌をキープするためには6ヶ月ごとに施術をする必要がありますが、最近では溶けない糸などもあるのだとか。スピーディで劇的なたるみ改善をしたい人にはオススメですね。

 

・保湿
乾燥は万病の元、ではありませんが、肌が乾燥することによってたるみやシワなどが起きやすくなってしまいます。肌細胞の一つ一つに十分な水分補給をする事によって、細胞は弾力やハリを取り戻しますし、透明感溢れるたるみのない肌質を作る事も可能です。