肌のたるみを引き伸ばしてリフトアップ効果を得る事が出来る方法の一つに、たるみ伸ばしテープを使う方法があります。雑誌やテレビなどでも紹介される事が多いので、知っている人や使った事がある人も多いかもしれませんね。このたるみ伸ばしテープは、もともとはシワやたるみを伸ばすために開発された美容用テープではなく、顔に出来てしまった傷を目立たなくすることができる医療用として開発されたものだったようです。しかし、最近では医療用として使うよりも美容用として使う人の方が多いようですね。

 

たるみ伸ばしテープは、テープを張った部分の凸凹などを滑らかな状態に改善してくれるというテープです。ニキビ跡や小ジワ、傷跡にはればその部分の肌の状態が滑らかにツルツルになりますし、たるんだ肌を引き上げるようにテーピングすれば、一瞬にしてリフトアップされた肌を手に入れる事が出来ます。

 

たるみ伸ばしテープを使って顔のたるみを引き上げるためには、テープを張るのは耳の手前の部分となります。テープ自体はとても薄くて透明なので、顔の中心に張ってもほとんど目立つことがないのですが、両耳の手前部分にテープを張るので外出する時でも誰にも気づかれずにリフトアップ効果を満喫する事ができそうですね。

 

たるみ伸ばしテープを張る際には、いくつかのプロセスがあります。まず最初に、顔の血行を良くするマッサージをして、テープを張ってリフトアップした効果がテープをはがしたあとにも定着できるような肌環境を作ってあげましょう。そして、テープを張る部分が濡れていたりメイクの脂などがついていないようにふき取って、乾いた肌表面に整えてあげてくださいね。耳の手前なのでファンデーションはそこまで塗らずに余白を残しておくのも良いでしょう。そして、テープを張る時には、肌を指でリフトアップしながら、引き上げた肌をテープで止めるような感じで  貼るのがポイントです。ぜひお試しくださいね。