太っている時には肥満の度合いに合わせてパンパンに伸びている皮膚も、ダイエットをして体内の脂肪量が減ると、それまでパンパンにはっていた皮膚がたるんでしまう事があります。ゆっくりと少しずつダイエットを継続下場合には、肌細胞が体型の変化に合わせて伸縮してくれるので、いきなり皮がたるんでしまったりする事はありませんが、急激にダイエットをして成功すると、肌細胞が体型の変化についていけずに皮がたるんでしまうことになります。

 

ダイエットとは逆の肥満でも、時間をかけて少しずつ太っていった場合には肉われなどはおきませんが、短い期間に急に太った場合には、皮膚がついていけずに肉割れの症状が起きてしまいます。最もわかりやすいのは、妊娠によるお腹のふくらみ。妊娠中にお腹が肉割れしてしまうのは、急激にお腹が大きくなって肌細胞が追いついて行けないからなのです。

 

ダイエット後に皮がたるんでしまうには、「短い期間で」「大幅な」ダイエットに成功する、という二つの要因をどちらも満たしているから。このたるみは自然に解消できる場合もあれば、解消しないで皮膚がたるんだ状態で残ってしまう事もあります。

 

皮膚のたるみを解消するためには、その部分の筋肉を鍛える事もオススメです。メタボなお腹をすっきりダイエットした場合には、お腹の皮がたるんでしまうことも少なくありません。腹筋をしたり有酸素運動などをする事によって、皮のたるみを少しずつ解消していく事も可能です。

 

しかし、たるみの度合いによっては自然にたるみが解消しない事もあります。その場合には、美容整形などでたるんだ皮を除去してもらう美容施術を受ける方法しか選択肢がありません。この施術を受けると短期間ですっきりとたるんだ皮を撃退する事が出来ますが、健康保険などが適用されない施術になるので100万円以上の手術費用がかかってしまうというデメリットもあります。そのため、そこまでたるんでしまわないように、ダイエットは計画的に、筋肉も鍛えながらダイエットをするのが理想的ですね。