貼るだけと簡単に使えるシートタイプのマスクは、たくさんのブランドからいろいろな美容成分が配合されたものがラインナップされていますが、その中にはフェイスラインを引き上げてくれたり、たるみをリフトアップする効果が期待できるものもあります。中でも人気が高いのは、ウテラからラインナップされているプレサで、顔全体に貼るタイプのマスクではなく、鼻から下に貼って耳にかけて使うのが特徴的なマスクです。

 

このプレサは、たるみ引き上げ専用のマスクで、頬のたるみやあごのたるみ、そしてほうれい線などをすっきりと引き上げてくれるのが特徴。何回でも使えるタイプではなく使い捨てタイプになっているので、常に清潔な状態で使えますし、面倒なメンテナンスなどは一切必要ありません。

 

通常のシートタイプマスクを使う場合には、肌にマスクを貼って放置する時間は5分〜10分程度が一般的ですが、たるみ引き上げタイプのマスクは、放置時間が少し長く、20分〜30分程度となっています。美容成分が入っているので、基本的にはスッピンで軽く化粧水で保湿した肌に使いますが、このタイプは顔全体ではなく顔の下半分しかカバーしないので、上半分には美容液や乳液などを軽くつけて肌が乾燥しないように意識するのも良いでしょう。

 

たるみ引き上げマスクは、肌をリフトアップしてくれる効果が期待できるのに加え、美容成分が肌の内側に浸透して美肌効果も期待でき、まさに一石二鳥のシートマスクとなっています。使い捨てなので、日常的に使用する場合にはまとめ買いをする方法がオススメですが、プレサなら1回分が入ったタイプと3回分が入ったタイプとがラインナップされているので、ニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。有効成分にはコラーゲンが入っているので、コラーゲンの生成が低下しているアラフォー以降の肌に使えば、少ない使用回数でも大きな美肌効果を期待することができます。

 

たるみ引き上げマスクのアマゾン人気商品を見る!