若い頃にはシャープなラインだったアゴのラインも、加齢とともになんとなくどんよりとたるんでくることも多いものです。また、「若い頃にはもう少し顔が小さかったと思うんだけど・・・」など、加齢によってアゴのラインがたるみ、その結果として顔が大きく見えてしまうことも少なくありませんよね。あごのラインはフェイスラインとも呼ばれていて、顔全体の印象がアゴのライン一つで決まるといっても過言ではありません。

 

アゴのラインがたるんでしまうのは、一般的に肌細胞が弾力を失ってしまうのが主な原因です。肌細胞の弾力成分でもあるコラーゲンやエラスチンなどはもともと体内で生成されている成分ですが、加齢とともに体内で生成されにくくなってしまいます。そうすると、使い古した風船のように皮がたるんでしまうわけですね。皮膚がたるんでしまう原因には表情筋の低下などもありますが、肌に密着しているはずのアゴの下の皮膚がダラリとたるんでしまうのは、肌細胞のたるみが原因である事が多いようです。

 

アゴのラインがたるんでしまう原因には、顔全体の表情筋が低下して皮膚全体がたるんでしまうこともあります。顔の皮膚は顔だけではなく頭皮や首などと一枚皮。加齢によって皮膚が重力に負けてたるんでくると、どうしても顔の一番下にあるアゴの部分に皮膚がたるんで集まってしまう事になります。

 

アゴのラインのたるみを解消するには、表情筋のトレーニングをしたり、リンパマッサージをする方法が有効です。表情筋のトレーニングをする事によって顔の皮膚を支えている土台部分から皮膚を引き上げる事が出来ますし、そうするとたるんであごの部分に下がっていた皮膚などモモとの位置に戻るので、アゴのたるみも解消できます。

 

リンパマッサージもオススメです。リンパ腺は体内の老廃物や毒素、むくみや脂肪などを体外に排出する役割をしているので、リンパ腺の流れを良くしてあげる事によって、こうした成分が体外にすっきりと排出されます。無駄な成分がなくなれば皮膚を伸ばす要因も減るのであごのたるみも解消できるというわけですね。